BLOG

オンライン「親と子の共育講座」ご案内

未来の希望の子どもたち。

日に日に成長する子どもたち。
成長は待ってくれません。
その大切な子どもの成長時期に、
今やるべき事や大切なことが把握できていますか?
マニュアルではなく、
身体と心に寄り添った智慧。
過ぎてからでは遅すぎるからこそ、
本当に大切なことをここにまとめました。
マニュアルにはない理論を学びませんか?

子どもを育て・育むということは、
親が頑張ることではなく、
親が理解して子どもに寄り添うこと。
出産をして親になったからといって
全てができるわけではありません。
何もわからないのが当たり前。
マニュアル本通りに行かないのも当たり前です。
子どもだってひとつの個性を持ち産まれてきます。
みんなと違って当たり前、
子育ちに誰かや何かと比べる必要はないのです。
身体と心とイノチのことを学び、
子どもと共にママもパパも
Happyに歩んで欲しいと願っています。
特に大切な9つまでのことを中心
小中学生までの対応をしています。

 

【プログラム】
1,子育て論といのちの話
2,月齢による身体と運動
3,子どもケア
4,スキンケアと足の健康
5,子どもの東洋医学
6,クオンタムバース
7,右脳Training
8,性のお話し
9,小学生以上のTraining
10,シュタイナー教育の入門

【受講してもたらす効果】
・子どもの身体の仕組を理解できる
・適切な時期に必要なことが理解できる
・心の共育ができるようになる
・親に必要なことを学べる
・身体と心とイノチを知ることができる
・イノチを守る術を知る  などなど…

 

まずは、ご紹介動画をご覧ください。
この講座には、
30分の無料アドバイスが特典としてついています。
通常パーソナルアドバイスは、
1時間1万円かかります。
そちらの特典を今回はプレゼントいたします。

 

簡単な本橋の自己紹介です。
体育教諭の資格を持ち、
幼児教育から生涯スポーツまでを教えて
35年が過ぎます。
幼児教育においては
東京の某有名幼稚園などに8年間関わり、
お受験クラスを担当していました。
また、右脳教育やクオンタムバースなどを学び、
ベビーシッター養成をして、
子どもを他人に預けずに
仕事ができるシステム作りなどにも
携わってきました。
現在は主任民生児童委員として活動もしています。
少し複雑化した現代を、
親子で伸び伸びと過すお手伝いをさせて頂きます。
未来の子どもたちのために、
ここで一緒に学んでいきましょう。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

〇本橋珠江自己紹介
⇒ ★自己紹介はこちらをクリックしてください

〇「親と子の共育講座」ご案内動画   
 ★動画はこちらをクリックしてください

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

この講座は通常
44000円 で販売しています。
今回は、コロナ禍キャンペーンとして
なんと・・・  

  特別価格 33000円

にしました。
一定期間が過ぎますと、
通常料金に戻りますのでこの機会に
是非ご利用ください。

こちらの講座は、
配信日から3ヶ月間の閲覧可能
何度も見直して復習しながらお役立てください。

 

〇「親と子の共育講座」お申し込みは

こちらをクリック ⇒ 

 

【詳細事項】
お申し込みいただきご入金が確認でき次第、
こちらで登録して配信されるようになります。
配信された比から3ヶ月受講可能となります。
なおこの講座は
「オンライン寺子屋體 karada」講座の中の
特別編として構成されている都合上、
そちらのご案内が届くことをご了承ください。

ちなみに「オンライン寺子屋體講座」とは、
毎月サブスクとして身体を学んぶ講座です。
こちらの使い方の簡単な説明も最後に動画を載せておきます。
その中に、ベビーマッサージなどもあります。
ご家族に1本ある医療書のように使っていただけたらと作成しています。

今ならこちらも
初月1980円(通常5500円)
とお安くなっていますので是非ご検討ください。
こちらも一定期間が過ぎますと通常料金に戻ります。

オンライン寺子屋體 karadaコースのご案内
〇使い方説明
  ★オンライン寺子屋體 使い方簡単説明動画

〇販売ページ
  オンライン寺子屋體 販売ページ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

〇「親と子の共育講座」お申し込みは

こちらをクリック ⇒   

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。
みなさまの健やかな心と身体の健康と、
ご家族の平和をお祈りしています。
素敵なご縁が繋がりますように!
お逢いできることを楽しみにお待ちしています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

最近の記事

PAGE TOP