BLOG

雨水

本日は、「雨水」。

“陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也”
降る雪が雨へと変わり、雪解けが始まる頃。
草木の芽が出始める季節です。
これからは、三寒四温を繰り返しながら
徐々に本格的な春に向かいます。

春はゆっくり迎えるのがよいとされています。
暖かくなってきたからといってもいきなり薄着になるのではなく、
徐々に冬から春へと身体を慣らしていきましょう。

中医学では、この時季に消化吸収を担当する「脾」と、
大腸とつながる「肺」を整えることが大切と考えます。
お粥のような消化の良いものを選び、「脾」に負担をかけずに養生すると、
身体の免疫力や防衛力を高めることになり、
花粉症などのアレルギー症状に負けない身体づくりができるでしょう。

さて、本日はポーランドの天文学者で、
地動説を提唱したコペルニクスの誕生日にちなんだ「天地の日」だそうです。

ニコラウス・コペルニクスは、天文学者にしてカトリック司祭であり、
知事、長官、法学者、占星術師でもあり、医者でもあったという多才な人でした。
もっとも重要な業績は地動説の再発見ですが、
正式に地動説を発表する前に亡くなってしまったことことから、
ジョルダーノ・ブルーノやガリレオ・ガリレイのように宗教裁判にかけられずに
穏やかな最期を迎えられたと言われています。
ただ一聖職者でしかなかったことから、埋葬場所がわからず、
最新のDNA鑑定により、ポーランド・フロムボルク大聖堂の聖十字架祭壇下から
お墓が見つかったのは、なんと2005年のことでした。

後年、プロイセン王国(ドイツ)の哲学者・カントがその著「純粋理性批判」の中で論じた
有名な「コペルニクス的転回」というものがあります。
地動説を唱えて天文学の大転回を行なったことに比して、
「考え方が180度変わってしまうような発想の転換」のことを表すたとえとして
使われるようになりました。

雨水に気になる胃腸の冷えに♪

***【 そら豆とちりめんじゃこのおかゆ 】***

豆は昔から「補気」の働きから体力を養い、気力を充実させる野菜の一つとして用いられてきました。
そら豆はカリウム・亜鉛・マグネシウムなどのミネラル分が豊富な上、
「利水」効果が高く、むくみや二日酔い、便秘の解消に役立つとされています。
ちりめんじゃこは、鰯(いわし)の稚魚の乾物です。
鰯は温性の食材で、身体を温めてくれます。

<材料 2人分>

・そら豆 10粒
・ちりめんじゃこ 大さじ2
・白米 1/2カップ
・丸麦 大さじ2
・塩 少々
・新生姜のすりおろし 適量

<作り方>

(1)米と丸麦はといで、一晩400mlの水につけておく。
(2)(1)を鍋に入れて火にかける。
途中、煮汁が足りなくなってきたら、水200mlを足しながら中火で煮る。
(3)米が柔らかくなったらそら豆を加え、さらに豆が柔らかくなるまで煮る。
(4)器に盛り、ちりめんじゃことおろし生姜をのせ、お好みで塩をふる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2020.03.31

    4月
  2. 2020.03.27

    お願い
  3. 2020.03.25

    唱えましょう

最近の記事

PAGE TOP