BLOG

七十二候「熊蟄穴

12月11日から、七十二候では「熊蟄穴(くまあなにこもる)」に入ります。秋の間に食いだめをした熊がそろそろ冬ごもりを始める頃という意味です。

さて、12月も半ばとなり、令和最初のお正月ももうすぐ。年越しの準備を始める頃になりました。そこで、知っておきたいお正月に関する風習やいわれなどを順次ご紹介します。
最初は、「お正月の由来」についてです。

お正月のご挨拶といえば「明けましておめでとうございます」。
でも、なぜ、おめでたいのでしょうか?
それは、元旦には一年の幸福をもたらすために、「年神様」という新年の神様が各家庭にやってくるとされているからです。
では、年神様とはどんな神様なのでしょうか?
年神様は、日本人の大切な食料である稲を守り、すべての作物を司って、一年の豊作をもたらす神様であり、私たちのご先祖様(祖霊神)でもあると考えられてきました。ですから、五穀豊穣や子孫繁栄に深く関わり、人々に健康や幸福を授けるとされています。「正月様」「歳徳神(としとくじん)」ともいわれています。

新しい年を「迎える」と表現したり、「一年の計は元旦にあり」といったりするのも、年神様を元旦にお迎えするからです。おなじみの「明けましておめでとうございます」という挨拶には、無事に年を越し、年神様をお迎えできた慶びと感謝の気持ちが込められています。
大掃除をして門松を立て、鏡餅を飾る。おせちやお雑煮を食べる。そんなお正月の行事や風習は、年神様をおもてなしする一連のストーリーです。年神様にたくさんの幸せを授けてもらいたいという人々の願いが形になり、様々な正月行事や風習が生まれ、伝えられてきたのです。
そう考えると、お正月の支度ひとつひとつがとても大切に感じられ、心を込めて準備したいなと思えてきますね。明日は「正月事始め」についてお伝えします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2020.03.31

    4月
  2. 2020.03.27

    お願い
  3. 2020.03.25

    唱えましょう

最近の記事

PAGE TOP