BLOG

坐ると言うこと

心と向き合い集中力を高める呼吸法

坐ると言うこと。。。

雑多な毎日の中、静と動の陰陽バランスを習得すること
その上で、
怖れない、闘わない、動じない、怒らないという安定した精神力を手に入れること

これを「禅武合一」といいます

今日は「打座」のやり方を簡単におはなしします。

1,両脚を組んであぐらをかいて坐る
2,両手を重ね、女性は右手(男性は左手)を自分の丹田に場所を合わせる
3,頭部の百会を上に向ける
4,呼吸は鼻から息を吸い、丹田に溜め、吐くときも鼻から吐くようにする

「意守丹田」

「意」は意念、つまり思いのこと。
目や耳、脳を全て丹田に集中することによって意識の集中ができます

言葉にすると簡単ですが、意識を集中させることがもっと難しいのです。
だからこそ、是非是非「禅の心」へ参加ください。

「禅の心」クリック ⇓⇓⇓
★ 第4期 禅の心募集

時代が変わるこの時に、より自分との時間を大切にしてみませんか?
何度もトライしたけどできなかった、自分との約束を話しに一緒に坐ってみませんか?

イノチの樹を退会したみなさん、
やっぱりイノチの樹が氣になっているみなさん、
そんな方がここを見ていただいているとしたら、
再参加大歓迎です。
本橋も進化しています。
風の時代に本当に大切なことを大切に伝えます。

お待ちしています!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2021.05.6

    GW終了

最近の記事

PAGE TOP