BLOG

勝ち抜くってこと

朝早く目を覚ましたところで
瞑想をしたところで
掃除をして部屋をピカピカに整えたところで
大好きなものを食べたところで



所詮は形を作るだけでは、何かの真似をしただけでは何も変わらない。

大切なのは
本当に自分がやりたいのか!
ってこと。

何かを積み上げて作り上げるといつも誰かに持っていかれて目の前からなくなることを何度となく体験して来た。
ちょっとやそっとじゃ形にならないものを必死で作りあげて形にしてるみんなのためにと作っていたもの。
失う悲しさや不安に押しつぐされそうになったり、人を信じられなくなったり。
その傷は自分でもわからないくらいに自分を傷つけ苦しめ痛みさえ感じない体になっている。
だから年明けに心臓発作が怒ったのにね、それでも築かなかったんだ。

でもね、でもさ、気がつき出したんだ。
なんだか自分1人で作りあげていたと思い上がっている自分に。
かたちあるものくらいなくなることの覚悟もしてなかったんだと思い知らされる。
取られたと悲劇のヒロインヅラして哀れな自分を見つける。
いい悪いじゃない、そこにいたらずっと悲劇のヒロインから抜けれないじゃないか!

なくなったのならもう一度、想いを積み上げていこう。
なくなったって作りあげたものへの想いは変わるものでもなく、伝える手法を変えてでもできることがある。
そう気づかせてくれた、その嫌な想いをさせてくれた人たちに感謝をしよう。感謝した後はそう言う人とは多分もうともに歩むことはなくなるとは思われますが・・・ 全部を根こそぎなくなることで自分を変えざるおえなくなって、本当に大切なことが鮮明になって、人の嘘の言葉がよーくわかるようになって全てが気持ちよく回るようになる。

もう1つわかったことがある、
思春期の時に特に中高校生時代に、わーきゃー言ってドキドキする恋をしてこなかったなって。
だから今頃ギャル達がみるドラマや映画を見てドキドキしている自分に笑えます。
男子校女子一期からの体育大とみんながみんなが揃って、「いいなぁ、男に囲まれててイケメン男子にモテモテでしょ」って言われるけれど、実際男子校からの女子一期がチヤホヤされるわけもなく、文化祭のフォークダンスは男子のペアを探すのを頼まれ自分は部室で昼寝です笑 体育大の男子が体育系の女子に興味がある人なんてほんのわずかで、一般大学生が体育大女子と合コンしてくれるわけもなく、ジャージ以外きたことないし頭はバリカンで刈っているし声はカッスカスのボヘミアン声だし、テレビで見るようなデートもしたことないし旅行に行くわけでもなくて。大学でて社会に出て、一般常識ゼロに近い自分にぶったまげーでした。

19の娘を見ていると、化粧品に興味があって街に繰り出してはインスタ映えする美味しいお店に行くことがすっごく嬉しそうで、髪型もヘアアイロンとかオイルとかそれはそれは見たことない製品であふれかえり、クローゼットの中は我が家にある服の三倍もの量がズラーっと並び、東京でもジャージで平気に出かける親にぶったまげています笑
どっちがいいとかじゃないけれど、女子が女子でいられる時にやっぱりこういうこともだいじだなぁーって。
ドラマの主人公に恋したり、バンドに夢中になっておっかけしたり、すっごくたのしそうです。
女の子はこの金星時代にときめくことは☀️をキラキラに輝かせることができないですよね。
ということで、この夏はもっと恋をしようと思います。
いろいろにキュンキュンしようと思います。
海に行って山に行って川に行って街に行ってたのしいこといっぱいしようと思います。
あれ?いつもとあんまりかわんないか。。。
いっしょにエンジョイしたい人大歓迎、大募集中です。

それからもう本当に、リアルに目の前の人とだけ大切に時をつむぎたいです。
結構私、頑張ってきました。
だからもうこれ以上傷つけることやめます。
人のために自分犠牲にすることやめます。
向こう側で文句や悪口言っている人、
なんだかいつも攻撃的に物申してくる人、
使うだけ使ってお互いに循環することがない人、
もう無理です。
気を遣ってとか顔色伺ってとかおべっか使ったりとかもう無理ですからね。
嫌いなものはバッサリと「嫌い」「いやです」っていっちゃいます。
でもね、大切な人には無理をしてでも全力で向き合います。話し合います。
手を取り合って支え合っていきたいと思っています。

どうぞ、そんな潔さだけのわたしですがよろしくお願いします。

2018年後期大切につむぎたい講座がたくさんあります。
必要な方ぜひぜひお越しください。
たくさんの師匠に学んだ「教育」 教えを育みます。
皆さんの胸の奥に何かが残るものを伝えます。

どうぞお越しくださいね。
それから、リトリートや講座に参加された方個々の投稿欄にどうぞ感想を乗せてくださいませ。

いつもいつもありがとうございます!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP